自分だけのオリジナル

インテリア

家具を購入するならオーダーで

部屋に家具を置くのであれば、自分に合っている種類の家具を購入したほうが良いでしょう。間取りなどに合っている種類であれば満足しやすいです。どうしても合わないときは、オーダーメイドで自分だけの家具を作ってもらうのもアリです。

オーダー家具の種類

オーダー家具はフルオーダーとセミオーダーに分かれます。フルオーダーは原型がないので、世界に一つだけの家具を作ることができます。セミオーダーは原型があるので世界に一つだけではありませんが、フルオーダーにはないメリットがあります。

セミオーダー家具のメリット

オーダーメイドは基本的に時間やお金がかかります。セミオーダー家具のメリットとしては、料金がそこそこ安く短期間で仕上がることだと思います。また、完成した際のイメージも湧きやすいということで失敗しにくいです。

大阪の専門店で購入できる

普通の店舗ではオーダーメイドできないので、必然的に専門店で購入しなければなりません。フルオーダーに対応しているところもありますが、セミオーダーにも対応している専門店も多いです。詳しい内容を調べてから利用しましょう。

ランキングサイトを参考にする

どの専門店を利用したらいいかわからなくなったら、ランキングサイトを活用して探すのも一つの手です。ランキングで上位にある専門店であれば、人気が高いことがひと目でわかるため、初めて利用する人でも安心です。

専門店に依頼する流れ

家具

専門店の利用の仕方

セミオーダーをして家具を購入したいときは専門店を利用することになります。利用するときはそれなりの流れがあるので、事前に確認しておきましょう。確認しておくことでスムーズに依頼でき、失敗する可能性が低くなります。

READ MORE

オーダー家具に関する疑問点

釘などを使用しない家具はできますか?

作る家具の種類にもよりますが、できるだけ釘を使用しない家具を作ることはできます。違う部品を使用して作成することになるので、その分費用が高くなってしまう場合もありますし、逆に安くなることもあるようです。

サイズがわからないので自宅まで来てほしい

出張できる地域に住んでいる場合のみ対応しています。離島などであれば難しいのですが、都心に近い地域であれば問題なく出張できます。事前に問い合わせの際に住所などを詳しく教えてもらったりする必要があります。

小さい子供がいるので安全性を高めたい

家具の角を丸く削ったりして安全性を高めることができますし、お客さんの要望に答えてさまざまな施工をします。具体的な要望があれば電話やメールなどで問い合わせした際に聞きます。素材を木からクッション性のあるゴムに変更することも可能です。

耐水加工などもできますか?

キッチンや洗面所に設置するような家具に関しては濡れる可能性があるので、できるだけ防水性の高い素材を使用して加工できます。どのような場所に設置するか事前に教えておくだけで、最適な料金で最低限の防水加工が可能です。

玄関が狭い場合にも対応していますか?

家具のサイズが大きくて玄関を通れないときは、自宅で作成をします。できるだけ早く作成できるように配慮しているので、長時間自宅を利用するわけではありません。事前に玄関の大きさを細かく教えることが大切です。

広告募集中